専業主婦でも借りられるカードローンの比較は慎重に行う

専業主婦でも借りられるカードローンの比較をする際、まずは「どのサービスが専業主婦でも利用出来るものなのか」と言うことをしっかりと把握することが大切です。例えば、カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが、そのいずれも候補として考えることが出来ると思っているのは間違いです。厳密に言えばどちらであっても契約できる可能性はあるのですが、現実的な判断をするのであれば前者の方法を選択しておかなければ、収入がない状態でお金を借りられる可能性は低くなってしまいます。

 

現状では「総量規制」の影響を考慮する必要があり、総量規制対象となるものは収入がない人が契約することは出来ません。総量規制では、年収に対する貸付制限を設けているため、収入に見合った金額しか設定されない為、そもそもの収入がない状況であれば利用出来る金額もゼロと判断されてしまいます。

 

しかし、総量規制対象外のものであれば、審査次第では借り入れが出来る可能性は十分にある為、必ずこちらを優先的に申し込むようにしましょう。専業主婦の場合、特例措置として「配偶者貸付」と言う制度を利用することが出来ます。この制度は、自分自身では収入を得ていなくとも、配偶者の収入を共有して審査を受けることが出来る様になるものです。同じ無職であっても独身の場合は利用することが出来ない特例となり、利用にはいくつかの条件が設定されます。

 

銀行カードローンであれば、配偶者に内緒で契約することも可能となる為、特に便利な方法です。
こちら(⇒親にバレずに学生でも借りられる金融会社)で書かれていますので参考にして下さい。