サラ金と闇金はぜんぜん違います

サラ金と闇金を同じものだと思っている人がたまにいますが、両者はぜんぜん違うものです。この記事ではその違いを解説します。サラ金もかなりイメージが悪い言葉になっているのは否めませんが、ちゃんとした貸金業者です。略さずに言うとサラリーマン金融で、要するに消費者金融のことです。お金を借りる人が、どういう目的で借りるのかで分類してある言葉です。クレジットカードなども広い意味ではサラ金といえます。一方、闇金というのは、無届けで貸金業を営んでいる人達のことをいいます。無届けですから当然違法営業ということになります。こういう違法業者の方は、普通の貸金業者のように店舗やATMを備えていたりはしません。街の中の電柱や電話ボックス、または雑誌などの広告欄に電話番号だけ書いた広告を貼って、お金に困ったカモがやってくるのを待ち構えています。違法業者ですから、ルール無用の営業をしています。利息はとんでもなく高く、利用してしまうと雪だるま式に借金が増えていき、返済不能に陥ります。違法な利息なので、はっきり言えば支払義務はないのですが、闇金に手を出す人というのは、かなり金銭的・精神的に追い込まれている人が多いので、業者の言う事に唯々諾々と従ってしまいがちです。悪徳業者は一度引っかかったカモに対しては、とことんまで容赦なく搾り取ろうとしてきます。この地獄から逃れるには、とにかく変なプライドは捨てて、弁護士や警察などのところに言って、洗いざらい正直に吐き出して助けを求めるのがいいです。