カードローンの限度額と増額と総量規制

カードローン商品やキャッシング・サービスでお金を借りる場合は、借りたい金額が大きい時ほど総量規制には要注意です。総量規制というのは、要するに最高でも自分の年収の三分の一までの借り入れしかできないという法律のことです。ですから年収300万円の人なら、どんなに頑張っても限度額は100万円を超えることはできないのです。それゆえ収入に自信のない人ほど、これを見落としてはなりません。
ただし総量規制は、貸金業者にだけ適用される法律です。ですから銀行や信用金庫など、貸金業者以外の金融機関なら規制の対象外です。この知識も時と場合によっては非常に重要になりますので、是非、覚えておきたいものです。ただし注意しなければならないのは、銀行に融資を申し込みさえすれば必ず年収の三分の一を超える金額を借りられるわけではありません。とにかく借りられるお金の限度は審査によって決まるのですから、それは忘れてはなりません。
ちなみにカードローンやキャッシングでは、増額を申請することも可能です。ですから今の自分の限度額以上の借り入れが必要になった場合などは、総量規制に抵触しない範囲内で申請してみると良いでしょう。もちろん増額申請にも審査がありますので、それに通らなければ額を増やしてもらえません。しかし今までに何度も借り入れをして無事故で返済している利用実績があるのなら、それに通る可能性は十分にあると考えられます。少なくとも、最初から諦める必要などはないでしょう。