カードローンの限度額と与信の関係

カードローンなど無担保の金融商品を利用する場合、信用がとても重要になってきます。与信とは信用のことを指しし、限度額のことを与信枠と呼ぶこともあります。信頼されている人ほど高い限度額を与えられ、信頼がない、リスクの高い人に対しては契約が可能な場合でも限度額は小さく設定されてしまいます。あまり使わないから限度額が小さくても良いと思っている人でも、実は限度額が高くなったほうが金利が低くなる傾向があり、同じ金額を融資してもらったとしても、支払い負担が変わってくることがあります。
ローンの契約には審査が必ず必要ですので、新規の契約では必ずそこで一回申し込み者のことを判断します。その後の利用方法次第では信用が少しずつできていきます。毎月必ず支払日を守って返済することが重要になります。特に銀行は信用に対して厳しく判断します。低金利の負担が少ないローンは、信用のある人でないと契約が難しいものも多くあります。実は信用情報を照会すれば、他社での取引状況を見ることもできますので、どのような金融機関との契約であっても、ないがしろにしてはなりません。カードローンだけでなく、クレジットカードの履歴も信用情報には記録されており、いついくら支払いが発生して、無事に返済ができたかどうかを確認することができます。1日でも遅れてしまうと延滞があったことが記録されてしまいます。すぐに解消されていればうっかりによる支払い忘れとして判断されますが、長期間支払いがないと信用情報に悪影響を与えることがあります。